布団は干すだけでは清潔を維持できない

アレルギーがある人にとって、布団を清潔に保つことが重要です。しかし、太陽が出ているときに干すだけではなかなか綺麗な状態を維持するのは難しいです。なぜなら、布団でダニが繁殖した場合、干すだけでは死滅しないからです。ダニが死ぬ温度は50度から60度ですが、太陽にあてるだけではそこまでの温度にはなりません。では、布団を綺麗にするためにはどうすればいいのかというと、まずは布団クリーニングが挙げられます。ただ、料金は高めです。

コインランドリーの洗濯機と乾燥機にも布団は入る

3000円程度の安い布団なのに、布団クリーニング代がその価格よりも高いのであれば、買い換えればいいということになります。では、もっと安価にクリーニングする方法はないのかというと、実はあるのです。それはコインランドリーを使うという方法です。コインランドリーには、掛け布団や敷き布団を洗える大型の洗濯機と乾燥機があり、充分綺麗にすることが可能です。そして、乾燥機を使えばダニを全滅させることもできるのです。

筒状に丸めてひもで縛って投入するのがコツ

では、具体的にどのような方法を使ってコインランドリーで布団を洗えばいいのかというと、まず、掛け布団であっても敷き布団であっても筒型に丸めましょう。そうしないと、洗濯機と乾燥機にうまく収めることができないからです。丸めたらひもで絞って形を維持しましょう。そして、洗濯機、乾燥機に投入して終了するのを待つだけです。持ち運びについては、そのまま持って移動するのは大変なので、収納袋を使うようにするといいでしょう。

コインランドリーは洗濯機が備え付けられている無人店舗で、大型洗濯機や乾燥機などもあり洗濯機を持たない人や乾燥機を使いたい人などに利用されています。